住宅

迷惑を被っているなら鳩除け対策をキッチリしよう

専門業者への依頼が得策

蜂の巣を見つけたら、刺激してはいけません。手で追い払ったりせずに、その場から静かに離れます。退治は、専門業者に依頼します。蜂は悪いことばかりではありません。蜂の子として食べたり、害虫を採ったりと、人間の役に立っていることもあります。

時期にもよる

アシナガバチにも繁殖期になると凶暴になってしまう時があります。普段はおとなしい性格をしていらし中鉢も、繁殖期になると卵や子供を守るために、アシナガバチの巣の付近で凶暴になることがあります。一度取り除いても完全に安全とも言い切れないので、危険を感じたらすぐに業者に依頼をして駆除してもらうと良いです。

鳩が居つく家

鳩

追っ払ても再び来る鳩

鳩という鳥は頭がよく、学習能力にも長けています。その上、人を恐れることが少なく、人に近い環境を賢く利用します。家の軒先やベランダに鳩が巣を作ったというケースも多々あります。鳩の巣が作られることで、糞や羽毛がまき散らされ、気が付いた時は窓が開けられないといった状況にもなります。鳩の厄介な点として、巣を撤去して追い払っても、一度気に入った場所には再びやって来るという習性があることです。巣を撤去して、その後に鳩除けを仕掛けても、それをものともせず巣作りを始めることもあると言います。鳩除けだけでは、鳩を追い払うのに不十分ということです。鳩を二度と寄せ付けないためには、自治体や専門業者に相談することです。

溝を塞ぐ

鳥は視力は優れていますが、臭いを感じることはありません。従って鳩除けとなる器具も、視覚に訴えるものが多くあります。大きな目玉マークやキラキラ光るクリスマスの飾りなどが特に効果的です。しかし、鳩は学習能力が高いので、それらの鳩除けにもすぐ慣れてしまいます。鳩除けの効果がなくなると、鳩は躊躇することなくやって来て巣作りを始めます。そんな状態になったら、駆除業者に連絡することです。駆除と言っても、鳩の場合は完全に追い払うだけです。鳩を二度と寄せ付けないためには、巣作りができないように溝を塞ぐことです。専門業者に相談すれば、その対策も講じてくれます。鳩の方が諦めてくれれば、平和的な共存ができるようになります。

種類を問わず気を付けて

1匹でも蜂を見つけたら蜂の巣が近くにあるでしょうから、近付かないで駆除業者にお願いしましょう。田舎でも都心でもどこにでもありますし、よほど小さい時でなければ自分で駆除するのは危険なので、駆除業者は人気が高いです。